FC2ブログ

ありがたや、ありがたや

この間久しぶりに通信販売の注文があった。前回がいつだったか赤い疑惑基金の通帳を見ないと思い出せないくらい久しぶりの注文だったから、そのメールが来たときは心がトキメクのを隠し切れなかった。

ところでその注文の内容がヤバかった。赤い疑惑のCD全種類とTシャツ4枚という豪華なモノで、オレは殊更、何故Tシャツが4枚なのかが不思議だった。嬉しいことには変わりがないが不思議なものは不思議だ。

ともあれ早急に感謝の返信メールを出し、商品の発送も事なきを得た。お客さんは広島の人だった。赤い疑惑は岡山より西は、松山で一度やったきりで広島ではライブをやったことがないので、これまた不思議なもんだが、なんでもかんでも不思議がっていたらIT社会は乗り切れないのだ。

不思議といえば、北海道に赤い疑惑ファンのちるよさんという人がいて、オレはちるよさんとはメールのやりとりなんかをしたりしている仲なんだけど、何でそんな仲になったのかというと、こっちゃいさん、という人をまず説明しなくてはならない。

こっちゃいさんは東京ライブハウスシーンの裏バン的な存在の人で、本当にそうなのかオレは知らないけど、東京のライブハウスでの出没率はかなり高い方で、いつからかこっちゃいさんは赤い疑惑を気に入ってくださったらしく、以来、ここぞというライブの時はよく観に来てくれている。

松田クラッチが聞いた噂によると「こっちゃいさんに認められたバンドは必ず売れる」のだそうだ。だとすると赤い疑惑も必ず売れる、ということになる訳だが、やはりその噂は都市伝説的な、こっちゃいさんの真意を逆に蹂躙しかねない、根も葉もないことであるとも思えるのだ。

そんなことはさておき、不思議なちるよさんというのは、そのライブハウス界の生きる伝説と噂されているこっちゃいさんのお友達なのだそうだ。こっちゃいさんは、ちるよさんに赤い疑惑というバンドの存在を教えたらしく、それでちるよさんからメールで通販の注文がきたのだ。

ちるよさんとは商品のやりとりが済んだ後も、どういう神のいたずらが作用するのか、メールでのやりとりだけは何故か続いていて、オレはちるよさんにオススメのCDを送るようになったり、ちるよさんのオススメのCDを送ってもらったりさえするようになっていたのだった。

驚いたのはこの前の誕生日にちるよさんから紺のパーカーが送られてきて、添付の手紙を見るとそれはオレへの誕生日プレゼントなのだった。温かそうで有り難かったが、紺一色で寂しかったのでオレは2種類のワッペンをその紺のパーカーに縫い付けて、遂にそのちるよさんのパーカーはオレの私服になったのだった。

ちなみにそのパーカーはちるよさんが着ていた物だそうだから、お下がりなのだった。お下がりをプレゼントしてくれるなんて、その人は変わっているねえ、と姉貴が言うので(本当に変わっているよなあ)、とオレも思った。だけどそんなちるよさんのセンスはオレは面白いと思っているから問題ないのだが、問題なのはオレの縫い付けたワッペンがペルーの刺繍とアイヌの象形的な模様で、いずれもカラフルだったため、その奇抜さオレは気に入ったけど、世間的にはアバンギャルド過ぎるだろうな、ということだった。

だからそのパーカーは以来、土日祝日限定のオレの私服になったのだ。つまり仕事に着ていくにはオシャレ過ぎた。そんなことをお礼の手紙に書いて、そのワッペンを縫い付けた、つい先日までちるよさんの所有物だった、今ではオレの土日限定の私服になっているパーカーを、オレが実際に着ている写真をその手紙に貼付けて送ったら、ちるよさんは感動して喜んでいた。玄ちゃんは母性本能をくすぐる人だと評論された。

北海道のちるよさんとは、しかしながらいまだに一度も会ったことがないのだからやっぱり不思議なことだ。でもミクシーが不思議なのと同じことだからやっぱりたいしたことじゃない。

ところで広島の彼から先日、商品が届いて、何だかおまけまでいろいろつけてくれてありがとうございました、というような内容の感謝のメールが届いた。それでそのメールを読んだら何でTシャツが4枚なのかが書いてあって、それがまた驚きの内容だったのだ。

広島の彼は実は「自分もバンドをやている」のだそうで、そのバンドは3人編成なんだけど、送ったTシャツの内2枚はそのバンドのメンバーの分なのだそうだ。本人はキャメルとイエローを1枚ずつほしかったのだそうで、合計4枚ということだったようだ。なんだかメンバーが当惑している姿が目に浮かぶようで可笑しい。同時にその初期衝動的な行動にかられた広島の彼には紛れもないバンドマン魂を感じる。

しかしそれにしても赤い疑惑に憧れてバンドをやっている人が広島にいるということはエキサイティングなことだ。以前、仙台にライブで呼ばれたことがあったけど、そのイベントを主催していたバンドも赤い疑惑みたいなバンドを目指す、ということを結成当初に酒を飲みながらメンバーと語り合っていたというのだからびっくりした。

20代後半のバンドマンは甲斐性がなくて有名だと書いたけど、確かにその頃バタバタと同世代のバンドが解散したり離散したりし始めたのは本当のことだった。メンバーにいろいろ「事情」ができてきて、結局バンドに割く時間や労力が伴わなくなっていってしまうらしく、勿論「結婚」とか「彼女」とかそういう要素も多分に影響しているらしい。

だけど赤い疑惑はその時期を乗り切ってしまったので、もうあまり心配する「事情」はないのだ。オレはフラレてしまったし、クラッチは結婚してしまったし、ブレーキーは相変わらずだし。

バンド冥利につきるといえば簡単だけど、実際バンドをやっていることで得ていることはワッペンを縫い付けた紺のパーカー然り、広島で赤い疑惑のTシャツを着てバンド練習に励む彼等然り、いっぱいいっぱいあるのだ。本当にありがたい。ありがたや、ありがたや。

バンドマン

「元カレがバンドマンだったから…」ともSちゃんは言っていた。Sちゃんの元カレはバンドマンだったらしく、彼がやっていたというインディーズのバンド━━Sちゃんが言うには一度はメジャーに行きかけたのだという━━の存在はオレも知っているバンドだった。知っていると言っても、偶然一度目当てのバンドの対バンかなんかでライブを見たことがあるだけで、非常に気味の悪いバンドだったと記憶しているので、Sちゃんの趣味には不可解なことが多かった。今思うとオレはそういう不可解な部分に興味を抱いていたのかもしれない。

元カレがバンドマンだったことは、すでにSちゃんには軽いトラウマになっているらしく、またバンドマンに告白されて呆れた様子だった。アタシは不幸なオンナだ、と彼女は言っていたが、オレのモンナカの友達に言わせるとそういうオンナは自分を可愛がってほしいような面倒くさいオンナだから気をつけろ、ということだそうだ。オレはSちゃんがそういうタイプの人なのかどうなのか、はっきり言ってよく分からない。よく分からないから恋などしてしまったんだバカ野郎。

バンドマンというのは甲斐性がないことで有名だ。オレが生きてきて味わった感じだと、20代前半までは「夢があっていいね。うらやましい」などと女の子に思われ、むしろ好印象を与えることすらあるけど、20代も後半にさしかかると女の子の視線は明らかに変わって、俄に現実的な視点になるのだ。現実的な、というのはとどのつまりお金があるのか、ないのか、とか将来性があるのか、ないのか、ということなのだ。将来性があるのか、ないのか、というのもバンドマンの場合、今後売れる可能性があるのか、ないのか、ということなのであって、20代後半まで売れなかったようなボンクラが今後商業的な成功を掴めるはずはないので、やっぱりどうあがこうと20代後半のバンドマンはもう女の子にとってはハンディーなのだ。

もし今バンドをやっているオレより若いヤツがこれを読んだら、恐れ怖じ気づくか、ふざけたことをぬかすでねえ知ったようなこと言いやがって、と憤慨されるか、どっちかだろうと思う。しかし、そんなことは後数年すれば分かることなのでオレには最早どうでもいいことには違いないのだ。オレがむしろここで強調したいのは、そんな風にハンディーな存在のバンドマン━━しかも彼女にふられ実家出戻りライフを送っているバンドマンであるところのオレことアクセル長尾は、甲斐性のなさを己で実感しながらも、30歳を越えてなお非常に充実したマイライフを送っている、ということなんだろう。

仕事帰りに西荻の、いつも赤い疑惑で練習に使っているスタジオに、MTRを持ち込んでラップの録音をやってきた。計画的犯行で、そんなことをオレは普段からやっている訳ではなく、今日こそはそれをやるぞ、という意気込みのもとだったのだ。トモダチのモンナカがオレにトラックを提供してくれたので、それに乗せるラップを録音したのだ。トラックをもらったのは2、3ヶ月くらい前のことで、一度モンナカ宅で実験的に録ったんだけどそれがあまりよくなかったので、それっきりほったらかしにしていたのだった。だけど、ほったらかすのが苦手なオレは、あのラップどうしよ、ということを以来ずっと頭の片隅で引きずってしまい、畜生このままじゃ悔しいな、とポツポツ思うようになり、遂に昨日一部リリックを書き直し、しかも今度は大声を出せる環境で、ということでスタジオで録り直したら、これが前回とは見違えるほどよくなったので、すっかり気分をよくして帰宅したのだった。次はこのMTRをモンナカに渡せば曲をまとめてカタチにしてくれるはずだから、今から楽しみなんだよな。

妙齢のオンナの人に

「玄ちゃん、妙齢のオンナの人に、そんなに簡単に好きなんて言ったらダメだよ」
Sちゃんは、そう言うのだった。Sちゃん、というのはオレがフライング気味にアタックしてしまった女性なのだ。玄ちゃん、というのはオレのことだ。
オレは、(そうか、妙齢のオンナの人に簡単に恋をしたらダメなんだな)と思った。そう言われてみれば確かに、そんな気がしてしょうがない。妙齢のオンナの人は、ケッコンだ、出産だ、安定した収入だ、と望む人が多いのはオレも知っているのだ。
「だから、このままトモダチのままの方がいいんだよ」
Sちゃんは落ち着き払ってそんな風に言っている。年下のオレをなだめるかのような口調だ。ナニクソ。
「そうだよねー。オレもそう思います」
ナニクソとは思ったが、実はオレもフライング気味にアタックしてしまったことを、後悔はしないまでも自覚するに至っていたのであっさりSちゃんの提案に同意してしまったのだ。オレは何だか可笑しくなって、もう一度「やっぱ、そうだよねー」と、Sちゃんに、というよりはむしろ自分を納得させるかのように繰り返してみて、ククク、と笑ってしまった。Sちゃんはそんなオレを見ても冷静で、笑い事じゃないよ、とでもいたげだったが、その後は普通に楽しいお酒を飲んだのだった。

それからというもの、「妙齢のオンナの人に、そんな簡単に好きなんて言ったらダメだよ」が、ふとした瞬間に何故か頭をよぎることがあった。なんというキラーフレーズだろう、と繰り返す度に思われるのが不思議だったが、そんな風にそのキラーフレーズを思い出したとある瞬間、オレは前に付き合っていた彼女のことを思い出して愕然としたのだった。アイツも苦労しているに違いない。オレはすべての妙齢のオンナの人達に申し訳ない気分になってしまった。勘弁してくれよ。

「そういえば玄ちゃん、ブログで書いてたアレは…」と言うのは助手席に座っているアヒルだ。オレは何故かその夜アヒルを国分寺に送り届けることになっていたのだ。ブログで書いてたアレというのはオレの恋沙汰のことらしい。やっぱり恋のあれやこれやというのは万人に受け入れられるのだなと思わずにいられない。オレは「トモダチのままで」というのになったのだということを簡潔に話した。すると簡潔に話した後はアヒルの独壇場であった。アヒルとはよくぞ自称したものだ。このオトコはよく喋るぜ。
アヒルを国分寺に送り届けたのが夜中の二時前だった。オレは踵を返して名前の知らない道をひたすら北上して五日市街道を右折。知ってる道なので少しアクセルを強めに踏んで、(今日のライブはやっちゃったなー)と、その日の赤い疑惑ライブのことを改めて噛みしめてみた。その日のライブはロックの神が降りてこなかった。ステージ衣装をライブハウス内で紛失した時、オレは神に見放されたような気分になって、正直テンションがガタンと落ちてしまったのだ。それをロックの神が降りてこなかった、だなんてヌカすのはフテえ魂胆だぜ。
そんなことをただボウッと考えてたら家に着いた。またいつものように機材やらステージ衣装やら物販やら一式を狭い部屋の中でゴソゴソと片付けて、身体は疲れているのに妙に頭は冴えている。この頭のエネルギーを何かにぶつけたいけど、その前にちょっと横になって考えようと思っていたらそのまま寝てしまった。


プロフィール

アクセル長尾

Author:アクセル長尾
赤い疑惑の活動報告
およびアクセルの手記
赤い疑惑WEB

最新記事
カテゴリー+月別アーカイブ
 
リンク