FC2ブログ

広島の

広島の赤いクルー

ご覧下さい。
バンドメンバーらしき3人が、
3人揃って赤い疑惑のTシャツを着て、
非常に愉快そうに笑っているではないですか。

以前、このブログでも紹介した広島在住の赤い疑惑ファンの皆さん。
ある日赤い疑惑の通信販売に広島の方からTシャツ4枚の注文があった。
赤い疑惑のTシャツを4枚も買うなんて何と罪深い、と思ったのだが、
注文メールに添えられたメッセージによると、
自分は3人組のバンドをやっており、4枚のうち2枚はそのメンバーの分で、
残りの2枚は自分の分なのだ、ということだった。
なるほど。

連絡をくれたのは写真右手のオガワ君だ。
Tシャツを送ってしばらく経ってから、先日突然オガワ君からまたメールがきた。
メールが突然くるのは当り前なんだけど、何とそのメールにこの写真が添付されてたんだ。
そりゃあもうビックリしたよ。
これで死んだ母ちゃんにもやっと顔向けができるってもんで。
母ちゃん、オレのバンドはこんなにでっかくなっただよ。

丁度メールをもらったタイミングが、オヤジの実家の山口に行くタイミングと重なった。
山口に行く時はいつも広島を通る。
それに今回は夜行バスで広島に行って、翌日の朝着いてから昼頃まで、
ちょいとした用事があって時間を潰さなきゃなんない。
よし、と思って広島のオガワ君にそのことを伝えて、
もしその午前中時間があったらお会いしませんか、
というお誘いをしたのだった。

するとすぐに返事がきて、
是非よろしくお願いします、ただその日はたまたまトモダチの結婚式があって、
9時何分の電車に乗らなければならないので云々。
オレの深夜バスの到着時間が8時だったので、
小一時間は会えますね、ということで実際にオレはオガワ君と、
広島駅新幹線口すき屋の前で感動の邂逅を果たしたのだ。

オガワ君はバンドではベースと唄を担当しているとのことだが、
オガワ君の隣にはギターのカマタ君も、どうぞよろしくお願いします、
と言ってかしこまっているのだ。
赤い疑惑のナガオさんが来る、ということで彼等の間では大事になっていたようだ。
2人ともこれから同じトモダチの結婚式に出るということでスーツ姿。
「いやあ、ホントはこんな格好でお会いしたくなかったんですけどね」
とオガワ君は言っているけど、オレはどっちでも構わないんだ。
それにしても今はまだ朝8時。陽は東の空なのだ。
休日の朝8時にオレに会いに来てくれるとはどういうことなんだ。

立ち話も何なのですき屋の隣のパン屋兼カフェに入った。
オレはスーツ姿でなんだか終始緊張しているような朴訥なオガワ君と
終始恥ずかしそうにしているカマタ君と、何を話していいか分からないけど、
とにかくバンドや音楽のハナシなんかをしてたらすぐに一時間経っちゃって、
オガワ君はすごく残念そうに、
「すみません、そろそろ電車が、、、」と言って悲しい眼を向けるんだ。
またいずれ、広島でライブでも、という感じで僕らは立ち上がって、
するとオガワ君はどっから取り出したのか、20センチ四方くらいの、
通常のよりは一回りは小さい、青い座布団をオレに渡して
「すみません。荷物になってしまうと思ったのですが、、、
僕の会社で生産しているコウハンパツ座布団です」
と言うのだった。
コウハンパツ? 高反発?
低反発というヒビキには馴染みがあったけど、
高反発というのは初耳だな、と思って驚いていると、
オガワ君は高反発と低反発の違いを若干営業マン風に説明してくれて、
「だからこの高反発座布団はいいんですよ」
と最後には些か得意気だった。

オレの荷物はいつも日常的に使用しているリュックサックひとつきりだったので、
その高反発座布団は、気持ちはすごく嬉しいが、現実リュックには入りそうもない。
しかし、嬉しい気持ちが買って、オレはその座布団を有り難くいただき、
その青い四角い高反発座布団を小脇に抱え、
彼等と別れた後やぼ用の控える昼過ぎまでそんな姿で広島の市内観光をしたのだ。
歩き疲れて、よっこいしょとベンチに腰をかける。
ここぞとばかりに小脇の青い座布団を敷いてみる。
石のベンチがそこだけソファのようになった。
う~むこれは、いける。高反発座布団か。

またしばらくしたある日オガワ君から連絡がきた。
是非赤い疑惑を広島のライブに誘いたいのだ、というハナシだった。
それは先述の感動のミーティングの時にもほんのり話頭にのぼったことだったので、
さほど驚きもしなかった訳だが、
オガワ君がメールに添付してれくた、その「ライブができる場所」の画像を見てビックリ。
所以は知らぬが「陸の孤島にあるカフェ」という触れ込みだそうだが、
何だかとてもよさげな場所ではないですか。
クラッチもブレーキーもこの画像を見せたら興奮していた。
オレ達にとって地方ツアーは特別な存在なんだ。

広島、陸の孤島カフェ
スポンサーサイト



プロフィール

アクセル長尾

Author:アクセル長尾
赤い疑惑の活動報告
およびアクセルの手記
赤い疑惑WEB

最新記事
カテゴリー+月別アーカイブ
 
リンク