FC2ブログ

その二言ばかりのボソッとしたセリフに何も言えなくなり涙が溢れた

11月5日(月)

昨晩のスープがカレーに変身した。
水菜のサラダと蒸し野菜。やはり野菜が旨い。

先日御岳山で打ち合わせた結婚式の段取りを進めねば、
とネット上の挨拶文を見ながら自分なりに考えてみる。
こういう作業は非常に面倒臭く、慣れないもので、
考えていたらそれだけで一日が終わる。
適当に考えてオヤジに叩き台をメールする。

11月6日(火)

午前中は大雨だったが、仕事の物件移動時にはあがった。
原宿の物件からの帰り道、東郷神社に隣接するセコムのビルを眺め
何だか悲しい世の中になったものだ、と思う。

腹がへり過ぎていたのでアスタでおかずを買ってみたらマズい。
飯を食った後にもってのほかを大量に茹でる。
チキンスープも同時に仕込み、出汁を取った鶏のむね肉ともってのほかを和える。
さらに中華炒めも作る。これは明日の弁当のおかずになる。

夜中にフォローアップ原稿書いているとピーが炊飯器ケーキを焼き始める。
オヤジから昨日の叩き台に対する適切な校正が入り戻ってくる。期待通りだ。
ピー就寝後、隣で歌詞を考えながら寝落ちしそうになっていたら
「エアコンと電気消して!」と寝たいたはずのピーに怒られる。

11月7日(水)

仕事の休憩時、天気がよいので物件の屋上で昼寝をしてたら、
油断ならぬ秋の強い陽射しにひからびそうになる。

帰宅後トランペットの練習をしに憩いの森公園へ。
初めて来たけど素人ランナーが多数周遊せる。
オレのオナラみたいなトランペットの音を聞かせるのは恥だな。
オナラながら音程らしき音が少し出るようになり感激。
残飯で飯を済ませ、赤い商店の商品アップ。直後に久方ぶりの受注。
長野在住で一番赤い商店を贔屓にしてくれている方から。ありがたい。

11月8日(木)

同僚のM君は昼飯にソースをかけただけの「ソースごはん」を食べていた強者だが、
今日の昼飯は豆乳パン(6個入り)とパックのカフェオレだった。

吉祥寺でメガネのレンズを交換。
やたらと細かいキズが付いて常に曇ったみたいになっていたのがすっきり。
バスで帰宅。

もってのほか、オクラと椎茸の桜梅和え、鮭と野菜のトマト煮作る。
酒を呑んで酔っぱらった。
食後、「百万本のバラ」、「日本昔ばなし」、とをピーと唄いコードを探る。
その勢いで「日本昔ばなし」をyoutubeで見ることになったが、
酒を飲んだ後のオレは即寝落ちでピーに呆れられる。

11月9日(金)

休みなので朝メシ食ってトランペット持ってピーと近所にある東大農場へ行く。
近所にあるちょっとしたスポットだと知っていたが初めて来たが素晴らしいとこだ。
ピーが草木染めをするというのでピーは植物を拾い集め、
オレは植物を半ば拾い集めながらトランペットでオナラみたいな音を出し歩く。
農場博物館にて、斜視で愛嬌のある顔をしたじいさんに農場のことを教わる。
博物館には資料の他、トロッコや戦前のアメリカの貴重な農具などの展示があった。

夕方帰宅し、かなり遅めの昼食を玄米パンにアボカドディップ、ザワークラウトで。
後、吉祥寺へ行き、古本売ったり、CD売ったり、ピーの大量のレコードを売ったり。

11月10日(土)

仕事が終わって渋谷でイベントのフライヤーを撒く。
何カ所かのライブハウス、クラブを回る。
途中、元カノのカップルにばったりでびっくり。
二人は結婚することになったそうだ。よかったよかった。

渋谷から下北に移り気流舎へ。
ピーが店番研修を受けている。
酒呑みのラルフさん、ウエケン他客数名。
ウエケンと新宿まで一緒に帰り、
しょんべん横町の若月のラーメンを食す。
昭和の中華そばの味がして感激した。

11月11日(日)

昨日行けなかったはらっぱ祭りへピーと。
自転車で野川公園まで30分強。帰りは雨が心配。
会場でレゲレーションのコウチさん他、何人か知り合いと顔を合わす。
お酒とフードをつまみながらフラフラと楽しむ。

14時過ぎになり東小金井から国会議事堂前へ。今日は大抗議集会。
脱原発を訴える100万人集会ということだったが、
降り出した雨天のせいもあってか人数はあまり集まってないようだった。
オレ達の隣にいたじいさんが話しかけてくれて
「私は二本松市から来たんです。
私が孫のためにできることなんてこれくらいしかないです。」
とおっしゃった。
じいさんは一人ではるばるこんなとこまでやってきたのだ。
オレとピーはその二言ばかりのじいさんのセリフに、
その二言ばかりのボソッとしたセリフに何も言えなくなり涙が溢れた。
ピーと顔を合わせるとピーも眼を腫らせている。
帰り際、そのじいさんに
「今日は遠路から本当にありがとうございました」
とやっと告げるのが精一杯だった。
スポンサーサイト



プロフィール

アクセル長尾

Author:アクセル長尾
赤い疑惑の活動報告
およびアクセルの手記
赤い疑惑WEB

最新記事
カテゴリー+月別アーカイブ
 
リンク